北海道旅行をおトクにするためのポイント

北海道に旅行に行くならば、時期を選ぶのが大事ですが、安さを最優先にするならば、ベストシーズンや多客期は避けるのが基本です。飛行機も日本航空や全日空よりも、エアドゥやスカイマークがおトクな料金設定になります。今回は【北海道旅行をおトクにするためのポイント】についてお話します。

早期割引運賃を狙おう!

まずは、早くスケジュールをフィックスさせて、早期割引運賃を確保できればベストです。それができるならば日本航空や全日空でもおトクな料金をゲットできます。座席の設定も限定的です。ソールドアウトならば、エアドゥやスカイマークもあたりましょう。それでもなければPeach・ジェットスター・バニラエア・春秋航空日本などのLCCを使うことです。

おトクな料金になるのは、航空会社によって違いますが28日前までの予約と購入です。これを過ぎてしまうと料金が跳ね上がります。格安航空会社(LCC)がおトクだと思いがちですが、別途費用も案外多いです。トータルでどれだけかかるかで比較するといいでしょう。

北海道各地のホテルが必要ならばセットで手配をしよう!

北海道の宿泊が知人や親戚の家があるならば手配は不用ですが、普通はホテルや旅館の手配が必要になります。これも航空券と宿泊を別々に手配するよりもまとめたほうがいいです。航空会社が航空券とホテルをセットにした格安パッケージを設定していることもあります。大手旅行会社のJTBや近畿日本ツーリストや日本旅行なども個人向けパッケージツアーを主催しています。単品だけの金額だけでなくて、航空券と宿泊や現地のレンタカーなどのトータルで比較しましょう。

いかがでしたでしょうか?

北海道旅行をおトクにするためのポイントをご紹介しました。格安航空券でトクをしたと思っていても実際にはパックのほうが安かった……そんなこともあります。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »