北海道旅行ならば利用したいエアドゥ

AIRDO(エアドゥ)は日本の航空会社で北海道札幌に本社がある航空会社です。設立されたのは1996年(平成8年)のこと。北海道国際航空株式会社が産声をあげました。そして1998年(平成10年)12月20日に記念すべき第Ⅰ便が飛び立ちました。今回は【北海道旅行ならば利用したいエアドゥ】についてお話します。

エアドゥの運航路線

主要航空だけでなく、地方空港へ就航する路線がエアドゥの魅力です。実際には東京羽田空港から、新千歳空港・旭川空港・女満別空港・釧路空港・帯広空港・函館空港があります。東京から北海道の各地へのアクセスは抜群です

新千歳空港を起点に考えると、仙台空港・中部空港・神戸空港・岡山空港・広島空港があります。函館空港からは名古屋まで就航しています。

エアドゥが利用している機材は?

シートピッチは79センチ程度で、ややコンパクトになっています。ですが国内線の短時間のフライトです。問題がないレベルでしょう。オリジナル塗装のフライトもあります。黄色と水色のコーポレートカラーで目立ちます。オリジナル塗装機は、エアドゥのキャラクターである「ベア・ドゥ」がデザインされています。機材はボーイング社の767-300や300ERで座席数は約290席です。そして、ボーイング737-700は定員が144名になります。

全日空とサービス連携しているだけでなく・ソラシドエア・スターフライヤーとも連帯運送乗継サービスをしてお客様に使ってもらいやすい航空会社を目指しています。

いかがでしたでしょうか?

もちろん北海道方面の航空運賃はおトク感があるのが特徴です。北海道の旅行をする場合は周遊が中心になるでしょう。エアドゥならば効率的なスケジュールを立てることができます。

関連する記事