北海道旅行を格安にする方法

少しまとまった休みが取れるならば旅行したいのが北海道。観光地も多いですし、お料理も美味しいと評判です。デパートの北海道特集のイベントはいつも満員状態。では、どのようにしたら安く行けるのでしょうか?エアドゥのように北海道を中心にリーズナブルな料金を設定している航空会社もあります。今回のテーマは【北海道旅行を格安にする方法】です。

フェリーを使ってみては?

フェリー
時間はかかりますが、船で北海道に行く方法もあります。例えば、新日本海フェリー。この会社の場合は、秋田・新潟・敦賀・舞鶴と北海道を結ぶ航路があります。商船三井フェリーは大洗と苫小牧を結んでいますから首都圏からも行きやすいです。フェリーですからマイカーで北海道旅行ができるのもメリット。お土産物が増えてもOKです。船旅を満喫するならば選択肢にはいるかも。

北海道・東日本パス

これはJR北海道とJR東日本の普通列車が乗り放題の切符です。北海道方面へ首都圏から出発するならば利便性も高いです。一部の第三セクター路線や急行列車にも乗れます。東京から札幌までは現在は急行「はまなす」が廃止になったので、途中で1泊しなければなりません。JRの青春18切符は安いですが、盛岡から青森は別会社になります。

マイルの蓄積

マイルの蓄積があるならば日本航空の「おともdeマイル割引」や全日空の「いっしょにマイル割」があります。

マイルを利用することプラスで 別の人は現金で支払います。本人のマイルも割引で利用できますし、おトク。同行者も割安料金になります。二人から四人のグループツアーならば適用されますから、魅力的です。オフィシャル・ウェブサイトで詳細を確認してみましょう。

マイルを蓄積して旅行をする方法

マイルを貯蓄して北海道旅行
今は航空各社がマイレージをしています。格安航空会社(LCC)の一部はしていませんが、有名な航空会社ならばマイレージサービスを実施しています。飛行機だけでマイルを溜めるのは厳しいのが現実。近頃はクレジットカードでマイルを溜めるのがトレンドです。

日本航空のJALカードは通常の場合0.5パーセントをマイルに還元してくれます。有料タイプのオプションでカードを作ると1パーセントのマイル加算になります。一年に一回だけでも指定の航空会社に乗れば、マイルプレゼントもあるのです。2年ほど頑張れば北海道に旅行する程度のマイルは堪ります。ですが、繁忙期はマイルでの旅行はできません。ここは注意をするポイントです。

ダイナミックパッケージを利用する

じゃらんネットや楽天トラベルなどインターネットでの宿泊予約サイトでは、宿泊と航空機をセット予約するとおトクになるパックがあります。往復の航空券を購入するよりもおトクになることもあります。もしもホテルの宿泊が不要ならば当日にキャンセル連絡をすればいいです。出発の3日前程度まで予約はできますが、10日前を切ると料金が高くなります。予約のタイミングは10日前までです。

旅行会社主催のホテルパック商品を購入する

格安航空券の座席はたいていは早期割引。発売と同時にソールドアウトします。そんな場合は大手旅行会社が主催しているホテルパックがいいです。ピーク時でも予約できるチャンスがあります。取消料が早めにかかりますから注意をしましょう。

エアドゥやスカイマークを利用

Peach・ジェットスター・バニラエア・春秋航空日本などのLCCほど安くないですが、快適なフライトを希望するならばエアドゥやスカイマークがいいでしょう。キャンセルや変更の制限も緩いし、荷物も規定の範囲ならば無料で預けることができます。

いかがでしたでしょうか?

いろいろな選択肢がありますが、早期割引運賃は早めに予約しないと実質予約できません。おすすめは、エアドゥやスカイマークです。特にエアドゥは北海道に強い航空会社です。

空旅.comでエアドゥの航空券をゲット

北海道発着の航空券予約ならAIRDO(エア・ドゥ)
『https://www.soratabi.com/ado/』